『ミラーマン』を冷静に見る

ーー鏡京太郎(石田信之)も「面白いですね!」と絶賛ーー

33話「インベーダーの海底基地」ロケ地、長島温泉に行ってきた

f:id:akaigoro:20201025221203j:plain

 京太郎の後ろのホテルを探しに数年前、長島温泉に行ってきた。

 

f:id:akaigoro:20201025221518j:plain

 該当するホテルはなさそうで、唯一それっぽい雰囲気の建物のがこの「ホテルナガシマ」。Go To トラベルを利用して、もう一度長島温泉に確かめに行きたい。

TV人気マンガバッジ「ミラーマン」

ミラーマン』はマンガ?

 Funny Funnyさんが、またミラーマンのお宝をアップされた。月光仮面の他はマンガじゃないだろうと言いたくなるが、CSで見た『怪傑ライオン丸』は「電脳紙芝居」と書かれていた。

 

f:id:akaigoro:20201010201457j:plain

 アニメだろうと特撮だろうと、子供向けのものは「マンガ」だったのだろう。マンガという呼び方で昭和という時代を感じたバッジだった。

ショウワノート「怪獣ハレハレ ミラーマン」

 またFunny Funnyさんからお宝が出た。ミラーマンのノートなんかあったのか。マルチが取り上げられるのも珍しい気がする。たいてい、キティファイヤーかアイアンが使われる気がする。

 

f:id:akaigoro:20200614203334j:plain

 この鏡京太郎のサインもたいしたお宝だと思うが、世の中にはミラーマンのお宝が結構あるようだ。石田さんがご存命のうちに見ていただきたかった。

 Funny Funnyさんがまた珍しい物を上げてくれるのを待つばかりである。

ミラーマン、ジャンボーグAのソフビ

 Twitterで「ミラーマン」で検索して、すごいツイートを見つけた。ミラーマンジャンボーグAのソフビなんて初めて見た。

 

  さらにこんなお宝まで。ソフビって山から出てくるのか?

 

    

 エースを発掘した動画はこちら。見たことのないジャンルの動画で面白かった。登録してみようと思う。

 

懐かしの玩具「ミラーマンのバッジセット」

 

 Twitterに「冷静」のアカウントを作って相互フォローしてもたった「あったあった! Funny Funny の懐かしチャンネル」さんのツイート。

 

 『ミラーマン』グッズも奥が深い。 

 

f:id:akaigoro:20200706204111j:plain

 福岡天神のファンミーティングでは、ミラーマン自転車のカウルを持ってきた人もいた。いろんな商品があるようだ。

 

 ジャンボーグAグッズもあった。『ミラーマン』ワールドは私が思っている以上の広がりがあるようだ。やっぱり、70年代のテレビは熱い。もっと『ミラーマン』の偉大さを世に伝えなければと思った。

『ミラーマン』ファンミーティングで藤井太一さんと語った福岡うどん

f:id:akaigoro:20200825231339j:plain

うどん平、かろのうろん

 この日、藤井太一さんと同じテーブルで会食し、「このへんでおいしいお店ってどこです?」と聞かれた。「福岡でおいしい店というとうどん平ですね。タモリ行きつけの店」と答えると、隣の男性も「ああ、うどん平ねえ」とうなずく。

 藤井さんは「うどんというと、前に福岡に来たとき中洲に飲みに行ったんですよ。ホステスさんにおいしいとこを聞いたら、かろのうろんってお店を教えてもらって。それがもう、おいしいんですよ」とノリノリ。「かろも有名ですね、僕はまだ行ったことないですけど」、隣の男性も「福岡はラーメンよりうどんだよね」と同意する。

 

  

f:id:akaigoro:20200826204830j:plain

 先日、反響が多かったツイートに博多やりうどん公式から「いいね」されて、藤井さんと話したことを思い出した。

 「僕、NHK大河ドラマにも出たことあるんですよ」という話が出たことも覚えている。初対面の人間ともすんなり溶け込んでいけるところに、俳優さんはやはり世慣れしてるなと感心した。芸能人が世間から憧れられるのは、こういう自由闊達なところだろう。

 石田さんがいなくなった今、藤井さんの舞台を見に行くのもいいかもしれないと思ったりしている。

福岡天神のファンミーティングで藤井太一さんから聞いた石田信之さんの役者魂

f:id:akaigoro:20200825231339j:plain

だってカッコ悪いでしょ!

 2016年11月26日に行われたファンミーティングで、付き人として来られた藤井太一さんから石田さんが骨折で入院していたときの話を聞いた。

 「石田さんが骨折で入院されたとき、お前来るな!って一か月くらい会ってもらえなかったんですよ。オレ、なんか嫌われることした?って思って、石田さんに聞いたら『だってカッコ悪いでしょ』って言うんですよ」

 自伝本『さよならミラーマン』のどこかだったか、”家では水だけ飲んで暮らしても、人前ではビフテキを食べるのが役者”みたいなことが書いてあった。藤井さんの話からも、石田さんの役者魂というか、男気を感じた。

 

f:id:akaigoro:20200825234028j:plain

赤井さん、もう帰っちゃうの?

 ガン闘病中に「インベーダー(ガン)なんかやっつけてやりますよ」と強気だったのも、役者はいつもカッコよく振る舞わねばという石田さんの美学だったのだろう。やはり内面では、死が迫っているのが怖くて仕方なかったに違いない。

 ファンミーティング二次会はカラオケだったが、その日の私は一次会だけ参加した。エレベーターの前で「赤井さん、もう帰っちゃうの?」と名残惜しそうな表情の石田さんが、私が見た石田さんの最後の姿になった。

 石田さんが公認にしてくれた『冷静』をもっと育てて、『ミラーマン』の世界を語り継いでいきたい。石田さんを思い出すたびにそう思う。